院長挨拶

なかお眼科医院では、
緑内障の早期発見につとめております。

皆様、はじめまして。院長の中尾です。
近年、緑内障は40歳以上の20人に1人が罹患しているという結果が報告されております。有病率は年齢とともに上昇し、日本国内で治療中の患者数は約30万人。潜在患者数は400万人ともいわれております。
当院では、緑内障の早期発見につとめております。手がかりとなる視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)を認めた場合、病変部をモニター画面で説明し、眼圧検査、視野検査についてご理解いただけるよう心掛けております。
今後とも皆様の健康に少しでもお役に立ちたいと考えております。
どうぞ、よろしくお願いします。

院長中尾 秀樹